快眠できる!首こり枕ランキング

首のこりがひどい…枕のおすすめはありませんか?

快眠枕

「毎朝起きたら首が痛い」 「首こりがひどくて頭が痛い」 なんて経験はありませんか?

原因は、今使っている枕が合っていないかもしれません。合わない枕を使い続けると、首こりや肩こりが悪化する恐れがあります。

首こりや肩こりを解消するためには、自分に合った枕で寝ることが重要です。

ここでは、首こりや肩こりの解消、快眠、安眠できる枕の選び方や、ストレートネックにおすすめの枕をランキングにして紹介します。

>>総合ランキング1位「六角脳枕」の体験レビュー

目次


 

首こりの原因とは?

首こりの原因

「枕が合わないのか、寝ていても肩から首にかけてのコリやハリ、痛みがあって熟睡できない…」この様な悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

どんなタイプの枕を買えば熟睡できるのかを知る前に、先ずは首こりや肩こりの原因を探ってみましょう。

首こりや肩こりの原因は…

  • ・寝姿勢が悪い
  • ・枕の使い方が間違っている
  • ・骨が歪んでいる

だと言われています。

寝姿勢の悪さが首こりの原因

寝る時ってどんな姿勢で寝ていますか?横向きで寝?うつ伏せで寝?仰向け寝?

一番方に負担がかかる寝方は、うつぶせ寝です。うつぶせ寝で寝ると体の骨格が曲がり、慢性的な肩こりの原因になります。

寝る時の姿勢で一番いいのは、立ったままの姿勢だと言われています。まっすぐに立った時の背骨の状態は、なだらかなS字カーブを描いています。

理想的な姿勢で寝るのに欠かせないのが、背中の隙間を埋めるマットレスと、首の隙間を埋める枕です。

首こりや肩こりを改善したいなら、肩が一番リラックスした状態の仰向け寝がおすすめです。

間違った枕の使い方が首こりの原因

正しい枕の使い方って知っていますか?枕の正しいあて方は、後頭部から首筋全体を枕にのせて頭を支えて、肩や首に負担がかからないようにします。

間違った枕の当て方は、枕と肩の間に隙間があいて首だけが枕にのっている状態です。枕と肩が密着した状態で寝ると、肩こりに悩まされることはなくなります。

骨の歪みが首こりの原因

骨の歪みの原因は、寝る時の姿勢が悪い、筋肉量の低下、いつの同じ手で鞄を持つ、姿勢が悪いなど様々な原因が考えられます。

それと、最近多くみられる症状にストレートネックがあります。ずっと同じ姿勢でスマホやパソコンなどを見続けることで、首の緩やかなカーブが失われた状態です。

骨が歪むと肩こりや首こりだけではなく、耳鳴りや手のしびれ、ぎっくり腰、ヘルニア、神経痛、足のしびれなど様々な症状があらわれます。


肩こりさん必見!首こり枕の選び方



朝までぐっすり快眠できて、起きたときに首こりや肩こりに悩まなくていい正しい寝姿勢とは…実は立っている時の姿勢です。

立っている時の背骨は、なだらかなS字カーブを描いています。この姿勢が、重い頭を支えるのに最も楽な無理のない楽な姿勢です。

<枕選びで重要なポイント>

  • ・寝姿勢が悪い
  • ・枕の使い方が間違っている
  • ・骨が歪んでいる

この3つのポイントをおさえて、首こりや肩こりで悩まされることのない、快眠&安眠できる枕を手に入れませんか?

首こり解消!自分に合った高さの枕を選ぶ

快眠枕

自分に合った正しい枕の高さを知る方法は、背筋を伸ばして壁に沿ってまっすぐに立ちます。

寝心地のいい枕とは、マットレスと首の間にできる隙間を自然に埋めることができる枕なので、壁と首の後ろにできる隙間の距離を計測します。

この距離が、あなたの理想の枕の高さになります。

    <理想の枕の高さ>
  • ・男性/4.0cm
  • ・女性/3.0cm

体系によっても高さが変わります。

  • ・痩せている人/2.5~3.0cm
  • ・標準体型の人/3.0~4.0cm
  • ・体格のいい人/4.0~5.0cm

寝る姿勢によっても高さが違います。

  • ・仰向け寝が多い/5.0~7.0cm
  • ・横向き寝が多い/10.0~15.0cm

性別、体型、寝る姿勢によって枕の高さが違うので、「これが正しい高さ」というのはありません。

どれにしようか悩んだときは、枕を実際に当てて寝てみて、顔の中心から背骨のラインがまっすぐな状態になるかを確認しましょう。

首こり解消!枕の硬さで選ぶ

寝返りのしやすさのポイントは枕の硬さ

人は寝ている時に、ずっと同じ姿勢で寝ているわけではなく、1晩に20~30回ほど寝返りをします。

    寝返りをすることで、
  • ・首や肩にかかっている負担を減らす
  • ・布団の中の温度、湿度を快適な状態にする
  • ・血液やリンパの流れを良好にする

つまり、快適な睡眠のためには寝返りはとても重要なのです。枕を選ぶ時は寝返りのしやすさを重視して、ある程度の硬さがあって頭が沈みすぎない枕を選びましょう。

首こり、肩こり解消には、寝返りがしやすいフィット感のある硬さの枕を選びましょう。

首こり解消!枕の素材で選ぶ



枕選びにおいて素材も重要です。人は寝ているときに、200mL(約コップ一杯)もの汗をかくと言われています。 枕の素材を選ぶ時は、寝ている間に熱がこもらない、熱を逃がして熟睡しやすい枕を選びましょう。

<枕の素材一覧>
低反発ウレタン枕
  • ・使う人の体型や姿勢に合わせて形状が変わる
  • ・フィット感に優れている
  • ・首、肩への負担がかかりにくい
  • ・寒くなると硬くなり、夏は熱がこもりやすい
ポリエステル枕
  • ・クッション性に優れている
  • ・軽量、価格が安い
  • ・ふんわりとした使い心地
  • ・寝返りをしたときに首へ負担が大きい
  • ・弾力性、保温性に優れている
そばがら枕
  • ・ずっしりとした重量感のある硬めの素材
  • ・通気性や吸湿性に優れている
  • ・高さの調整が難しい
  • ・寝返りをしたときに首へ負担が大きい

パイプ
ストロー枕

  • ・抜群の通気性、耐久性に優れている
  • ・水洗いができる
  • ・素材の寿命が長い
  • ・横向き寝には不向き
羽根枕
  • ・柔らかすぎて高さが物足りない
  • ・通気性が良く吸湿性、保湿性、発散性に優れている
  • ・ふんわりと柔らかい寝心地
  • ・横向き寝には不向き

ぐっすり快適な睡眠を得る為には、通気性・吸放湿性に優れた素材の枕を選びましょう。

快眠できる!首こり枕ランキング

首こりや肩こりなど悩んでいる人に是非使ってほしい、枕選びで重要な「高さ」「硬さ」「素材」で選ばれた枕はこちらです。

1位5star

六角脳枕

六角脳枕

価格:18,900円(税込)
送料:無料
大きさ:幅50cm × 奥行35cm
素材:低反発ウレタン
高さ:7cm

    【おすすめポイント】
  • 脳科学の研究から生まれた六角形
  • 冷却材入りだから暑い夏でも快適に眠れる
  • 寝返りをうっても肩や首に負担がかからない
  • 楽な姿勢で眠れる

安眠、快眠のために欠かせないのが「適切な寝返り」ですが、「六角脳枕」は自然な寝返りができるように両サイドを凹ませて、頭にちょうどいい高さを作り出しています。

自然な寝返りによって、肩こりや首こりを解消するだけでなく、いびきや無呼吸症候群も改善されます。

また、使用している「低反発マイクロウェーブ」素材は、温度変化のしにくい素材なので1年中快適に寝ることができます。

「六角脳枕」は、寝ている時の自然な姿勢、寝返りがうちやすい十分な幅、形に注目して開発された、オリンピック選手も愛用している優れた枕です。

<六角脳枕のここに注目!>

低反発ウレタンは、冬場は硬く、夏場は蒸れやすいというデメリットがありますが、「六角脳枕」は、独自開発した温度変化に強い「低反発マイクロウェーブ」素材を使用しているので一年中快適な睡眠が可能です。

公式サイトはコチラ

>>「六角脳枕」の体験レビュー


2位4star

スリーパードクターズピロー

シモンズマットレス

価格:29,800円(税込)
送料:無料
大きさ:幅63cm × 奥行55cm
素材:低反発ハイデンシティウレタン
高さ:11.5cm + 頸部 9cm

    【おすすめポイント】
  • 枕が大きいので肩甲骨までしっかりサポートできる
  • 沈みすぎず、硬すぎない丁度いい硬さ
  • 通気性がいいので汗をかいてもすぐに吸収して乾燥できる

公式サイトはコチラ


3位4star

王様の快眠枕

サータマットレス

価格:6,980円(税込)
送料:無料
大きさ:幅58cm × 奥行38cm
素材:ポリスチレンビーンズ(極小ビーズ)、ポリエステル綿
高さ:頭部 9cm + 頸部 9cm

    【おすすめポイント】
  • 低くて硬い枕が好みの人向き
  • 超極小ビーズとポリエステル綿を配合した、弾力性&柔軟性に優れた枕
  • 抜群の吸水速乾性に優れたガーゼ素材をカバーに使用

公式サイトはコチラ


睡眠中に首こりにならない姿勢とは?

1日の1/3を占めている睡眠時間は、翌朝のスッキリ感を左右する大事な時間です。寝る姿勢によって、寝つきが良かったり悪かったり、肩こりや首こり、頭痛うなどにも影響を及ぼします。

寝る姿勢は大きく分けると…

  • ・仰向け寝
  • ・うつ伏せ寝
  • ・横向き寝

の3つの姿勢があります。

首こり改善には「仰向け寝」

マットレスに、頭、背中、お尻、踵(かかと)が付いている状態の「仰向け寝」は、体全体に負担がかかるので歪みを作りにくい一番おすすめの姿勢です。

手足を広げて大の字で眠ると、体の温度が下がり寝つきやすくなります。

首こりに一番影響を及ぼすのは「うつ伏せ寝」

うつ伏せ寝

首こりや肩こりに一番影響を及ぼす「うつ伏せ寝」は、腰や胸部に負担がかかる姿勢で、腰痛や全身の骨格の歪み、O脚、バストの崩れ、顎関節症(がくかんせつしょう)、歯並びにも影響を及ぼします。

しかし、腹式呼吸がしやすいので無呼吸症候群で悩んでいる人にはおすすめです。

首こりに影響を及ぼす「横向き寝」

横向き寝

東洋医学では古来から「横向き寝」が一番いいと考えられてきました。その理由は…

・右側を下にして寝ると内臓に負担をかけない
・左側を下にして寝ると全身の血液が循環しやすい

無呼吸症候群や妊婦さんにはおすすめの姿勢だと言われています。ただし、毎日同じ向きで寝ると腰に負担がかかり骨盤がゆがむので、ずっと同じ向きで寝ないようにしましょう。

<寝起きに首こりで悩まなくてもいい姿勢>

首こりや肩こりに悩まないで、ぐっすり快眠&安眠ができる姿勢は、立った時と同じ姿勢で眠る「仰向け寝」です。

たかが寝る姿勢ですが、健康に大きな影響を与えたり、目覚めや寝心地も左右するので、身体の歪みや肩や首こりを感じたら、寝る姿勢を見直してみましょう。


首こりの原因!合わない枕を使い続けるとどうなるの?

合わない枕で寝ると首に余計な負担がかかり、いびきや頭痛、首こり、肩こり、腰痛などの症状に悩まされます。

症状 原因
いびき
  • 枕が高いとあごを引いた状態で寝ているので、のどを圧迫して気道が狭くなっているのが原因
頭痛
高すぎる枕や柔らかすぎる枕は、首の負担になり寝ている間に首が緊張して熟睡できないのが原因
首こり肩こり
高すぎる枕、不安定な枕が首こり、肩こりの原因。
腰痛
高すぎる枕、低すぎる枕が原因。人の背骨は緩やかなS字カーブを描いているのに、合わない枕を使うと背骨全体に影響をおよぼすから。

 

首こりの原因は枕だけではない!ストレートネックも影響している!?

慢性的な頭痛や首こり、肩こりに悩んでいる人は、合わない枕だけが原因ではなくて…「ストレートネック」も原因かもしれません。

頭の重さは約5kg(5kgのお米)あると言われていますが、この場合の重さは正しいS字カーブを描いているときの頭の重さです。

もしもストレートネックが原因だとしたら、首や肩にかなりの負担がかかっています。

頭の重みを支えてくれる自分に合った高さの枕を使っているなら、首こりや肩こりに悩まされることはありません。

しかし合わない枕を使うと、椎骨がずれて変形して猫背、首猫背、ストレートネックが悪化することまります。

ストレートネックとは?

快眠枕

頭の重みを支えてくれる自分に合った高さの枕を使っているなら、首こりや肩こりに悩まされることはありません。

しかし合わない枕を使うと、椎骨がずれて変形して猫背、首猫背、ストレートネックが悪化することまります。

ストレートネックの症状とは?

ストレートネックになるとどんな症状で悩まされることになるのでしょうか?

  • ・首こりや肩こり
  • ・肩甲骨の間のこわばりや痛み
  • ・寝ても疲れが取れない、不眠
  • ・寝違いが多い
  • ・慢性的な頭痛に悩まされている
  • ・胸やけや吐き気がする

この様な症状がある人は「ストレートネック」かもしれません。

ストレートネックの原因とは?

本来の首は緩やかなS字カーブを描くことで、頭の重さ(約5㎏)を分散して一箇所に負担がかからないように支えています。

しかし、スマホやパソコンを見る時のうつむき加減の姿勢が長期間続くと、次第に首が前方に倒れS字カーブが失われ、一直線になります。

この状態を「ストレートネック」と言います。ストレートネックになると、頭痛や腰痛、肩こり、首こり、ひざ痛などの症状があらわれます。

ストレートネックの改善方法とは?

先ずは自分が「ストレートネック」なのかを確認しましょう。確認方法は、壁を背にまっすぐに立った時に頭や肩甲骨が付かなければ、ストレートネックの可能性が高いです。

ストレートネックの場合は、日常生活における姿勢の悪さがそもそもの原因なので、首のアーチを正常な角度に戻して正しい姿勢を保つことが重要です。

おすすめの改善方法は、

  • ・ストレッチをする
  • ・タオル枕を使用する
  • ・ストレートネック専用枕に変える

ストレートネックの直し方!ストレッチをする

快眠枕

ストレートネックを治すストレッチ方法で一番有名なのは、『情報ライブミヤネ屋』で紹介されたストレートネックのゴットハード酒井慎太郎先生が紹介していたテニスボールを使ったストレッチ方法です。

用意するものは、テニスボール2個とガムテープ(テーピング)だけです。

  • 1.テニスボール2個をテーピングで固定
  • 2.後頭部の髪の毛の生え際にある後頭骨(でっぱり)の下の凹み部分に、テニスボールを当てて強く押す
  • 3.1日に2~3回行うと効果的

頭と首の関節を緩ませる効果が期待できるこのこのストレッチは、神経や筋肉がほぐれることで血行が良くなり首こりや頭痛が軽減されます。

ストレートネックの直し方!タオル枕で改善する

タオル枕で改善

ストレートネックを治し方で一番検索されているのが、タオルを使った改善方法です。

今使っている枕が低すぎる場合は、タオルで高さ調整をするのもおすすめですが、自宅にあるバスタオル使って作る「タオル枕」でもストレートネックを改善することができます。

用意するものは、バスタオル1枚です。作り方は…

  • 1.バスタオルを縦半分に折る
  • 2.縦半分に折ったタオルを今度は横半分に折る
  • 3.端からできるだけ硬く巻く
  • 4.巻き終わったらほどけないように、両端をひもで固定する
  • 5.首のくぼみに入れて寝る

タオル枕を首のくぼみに入れて寝ることで、頭の重みで自然と首の骨が引っ張られて、頚椎がストレートな状態からS字カーブに近づきます。

ストレートネックの直し方!ストレートネック専用枕に変える

テニスボールを使ったストレッチやタオル枕では満足のいく睡眠が得られない人には、ストレートネック専用枕に変えるるも一つの方法です。

ストレートネック専用枕と言っても、実はたくさんの種類があるのでどれがいいのか悩みます。

そこで、ストレートネックにおすすめの枕をランキング形式で紹介します。

ストレートネックにおすすめの枕ランキング

ここでは、楽天やアマゾンで実際に売れているストレートネック専用の枕をランキング形式で紹介します。

1位5star

六角脳枕

六角脳枕

価格:18,900円(税込)
送料:無料
大きさ:幅50cm × 奥行35cm
素材:低反発ウレタン
高さ:7cm

    【おすすめポイント】
  • 脳科学の研究から生まれた六角形
  • 寝返りをうっても肩や首に負担がかからないから朝までぐっすり眠れる
  • ストレートネックの症状が改善される

公式サイトはコチラ

>>「六角脳枕」の体験レビュー


1位5star

スローコアピローPRO-EX

スローコアピローPRO-EX

価格:24,800円(税込)
送料:無料
大きさ:約85×140×300㎜
素材:特殊発砲ウレタン

    【おすすめポイント】
  • 10年使用を想定して作られているからコスパがいい
  • トップアスリートも愛用している
  • 数分間寝ながら枕エクササイズができる

公式サイトはコチラ



1位5star

王様の夢枕

王様の夢枕

価格:6,480円(税込)
送料:無料
大きさ:幅52cm × 奥行34cm
地素材:ナイロン 85%、ポリウレタン 15%
中素材:ポリスチレンビーンズ(極小ビーズ) 95%、ポリエステル綿 5%
高さ:頭部 6cm + 頸部 12cm

    【おすすめポイント】
  • 頭、首、肩をしっかり支えてくれる体圧分散枕
  • 「超極小ビーズ」と「ポリエステル綿」を絶妙なバランスで配合した、ふわムニュ~の新感触枕
  • 隙間なくしっかり頭を包み込むので肩こり、首こりが軽減する

公式サイトはコチラ

口コミで人気の快眠枕ランキング

1位5star

六角脳枕

六角脳枕

価格:18,900円(税込)
送料:無料
大きさ:幅50cm × 奥行35cm
素材:低反発ウレタン
高さ:7cm

<六角脳枕の口コミ>

・整体やつぼマッサージ、カイロプラクティックにも通ったけど効果なしでしたが、六角脳枕で寝るようになってからは長年悩まされてきた肩こり・首こりが嘘みたいに改善されました。朝の目覚めが最高です。(30代/女性)

公式サイトはコチラ

>>「六角脳枕」の体験レビュー


1位5star

YOKONE

YOKONE

価格:15,800円(税込)
送料:無料
大きさ:幅63cm × 奥行37cm
素材:ポリエステル100%
高さ:11cm

<YOKONEの口コミ>

・長年、肩こり・首こりに悩まされてオーダーメイドの枕を購入してみたけど高いだけで熟睡できませんでした。でも、この枕に出会ってからは嘘みたいにぐっすり眠れます。(40代/女性)

公式サイトはコチラ


1位5star

めりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕

価格:12,800円(税込)
送料:無料
大きさ:幅50cm × 奥行30cm
素材:ポリエステル100%
高さ:2~5cm

<めりーさんの高反発枕の口コミ>

・背中から肩にかけて鉄板のように硬かった肩が、この枕で寝るようになってからはだいぶ楽になりました。首のハリが軽減したおかげで、仕事中に席を外すこともなくなりました。(25代/男性)

公式サイトはコチラ

総合ランキング1位「六角脳枕」を実際に使ってみました!

六角脳枕

「六角脳枕」を実際に購入し、首こり、肩こりに効くなどのマスコミや口コミでの評判が本当かどうか試してみました。

(1)購入した経緯

六角脳枕を開封したところ

不眠、腰痛に悩まされていた私は、マットレスについていろいろ調べて高反発マットレスにたどり着きましたが、首こりと肩こりに加え、顎関節症にも悩まされていました。

しかも、私は歯ぎしりもひどく、顎関節症+自分の歯ぎしりで夜中に目が覚めることがしょっちゅうで、スッキリした目覚めが欲しくて仕方がありませんでした。

しかし、経験則で、寝返りが打ちやすく、横向きに寝た時などに首(頭、肩)に負担がかからなければ、楽に寝られることが分かっていましたので、自分に合った枕を探すことにしたのです。

(2)なぜ「六角脳枕」?

六角脳枕の形状

私が「六角脳枕」を選んだ一番の理由は、公式サイトにも書かれていますが、この波打つ形状に驚いたからです。直感的に、「寝返りが打ちやすいのでは?」と考えました。

六角脳枕の形状

次に驚いたのは、快適に寝るために「保冷剤」が使われていることです。こんな枕は見たことがありませんでした。

(3)実際に寝てみると?

六角脳枕を使って寝たところ

実際に寝てみて、まず驚いたのが、保冷材のひんやりとした気持ちよさです。保冷剤の効果については半信半疑だったのですが、この良さは実際に使ってみないと分からないかもしれません。

六角脳枕を使って寝たところ

次に驚いたのが、予想以上の寝返りの打ちやすさです。見た目の厚みは薄いのですが、寝返りをうったり、横向きに寝たときに、驚くほど、首や頭、肩に負担がかかりません。

(4)快眠(安眠)枕のおすすめは「六角脳枕」

マスコミやネットでの評判に基づいて「六角脳枕」を実際に購入して試してみましたが、予想以上に気持ちよく寝られるので大満足です。

また、顎関節症や歯ぎしりがきつくて夜中に目が覚めたり、寝起きの首こりが辛いといったことが軽減され、スッキリした目覚めが増えたような気がしています。

ところで、お値段は18,900円(税込、送料・代引き手数料無料)ですが、2017年12月31日までは、使ってみて身体に合わない場合に全額返品キャンペーン中です。

自分に合うか合わないかドキドキしながら購入するの比べ、今ならお試しできるので、今買わないと損ですよ!

あなたも自分に合う枕を使って、スッキリとした目覚めを体験してみませんか?

公式サイトはコチラ

まとめ

快眠や安眠に欠かせないのは「枕」です。 合わない枕を使い続けると、首こりや肩こり、腰痛、頭痛、ストレートネックなどの症状を引き起こす恐れがあります。

    <枕選びのポイント>
  • 首が圧迫されない高さの枕を選ぶ
  • 頭、肩、背中が緩やかなS字カーブが描けるマットレス&枕を選ぶ
  • 頭が落ちないように大きな枕を選ぶ
  • 枕の素材は柔らかすぎず硬すぎず、自分の感覚に合ったものを選ぶ

以上のポイントを押さえた上で、実際に横向き寝で寝た時、おでこ・鼻・アゴが布団と平行になっているか、仰向けで寝たときに首の傾きは15度になっているかを確認できると尚いいでしょう。


※枕選びで迷った時は、不眠・首こり・肩こり・ストレートネック・頭痛が解消される「六角脳枕」がおすすめです。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ